AGA治療薬の代表的なものと言えばプロペシアです。プロペシアは長期的な服用が前提のため、どうしても薬代が高くついてしまいます。しかし個人輸入の形をとり、通販をすることで病院処方と比較して安く入手することが可能となっています。

  • ホーム
  • 未成年でもAGA治療薬を使っていい?

未成年でもAGA治療薬を使っていい?

男性ホルモンの影響により、薄毛や抜け毛などの症状があらわれるのが、男性型脱毛症です。
最近ではAGAとも呼ばれており、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。
髪の毛が薄くなる原因として、加齢やストレスなども挙げられますが、AGAは比較的若い世代でも発症するという特徴があります。

10代の前半から思春期にかけて、男性ホルモンは男性らしい体を作るために重要なものですが、10代後半から20代前半にかけては薄毛を引き起こす原因となる可能性があります。
思春期は様々なことに敏感になる時期でもあり、他の人の目が気になったり、恋愛に興味を持ちはじめるということもあり、薄毛にコンプレックスを感じる人も少なくはありません。

そこで、未成年でもクリニックで治療を希望するという人が多いようです。
しかし、未成年の場合、治療を受けることが出来ないクリニックの方が多いようです。
また、カウンセリングや薄毛の原因がAGAであるかどうかを診断する無料診断も親権者の同意がなくては行うことが出来ないため、注意が必要でしょう。

未成年がクリニックでAGA治療を受けることが出来ないのは、それが健康保険が適用されない医療行為であるためです。
健康保険が適用されないということは、治療にかかった費用は全額自己負担となります。
この場合、未成年者が保護者の同意なく治療を受けた場合には、後々何らかのトラブルに発展する可能性もあり、それを回避するためにも治療を受けることは出来ないところが多いようです。

また、頭髪は20代前半が成長のピークであるとも言われており、未成年の段階から専門的な治療を受けることに対して否定的な意見もあります。
治療薬を使用するのは、20歳を過ぎてからでも十分に間に合うため、未成年の間は、治療薬に頼らない方法で対策をとることをおすすめします。
なお、頭皮の状態を知りたいという場合には、保護者の同意があれば検査を受けることは出来ますので、早めに相談をすると良いでしょう。

未成年でもできる薬を使わないAGA治療法

思春期は、恋愛や受験など学校生活や部活動など、様々なことに一生懸命になることが出来る時期です。
その為、十分な睡眠を取ることが出来ないということもあるでしょう。しかし、髪の毛の成長には寝不足は悪影響をおよぼすものです。
寝不足の状態が続いているのであれば、出来るだけしっかりと眠るようにしましょう。
週末に寝だめをするという人もいるかもしれませんが、それよりも、日常的に睡眠時間を確保するほうが良いようです。

髪の毛を作るためには、栄養が必要です。
体の外側から補給するのではなく、体の内側から栄養を補給するためには、バランスの良い食事が欠かせません。
空腹を紛らわすためにファストフードやお菓子などを食べているという場合、髪の毛を作るための栄養不足になっている可能性があります。
栄養不足を改善するためには、野菜やタンパク質、炭水化物をバランス良く食べるようにしましょう。

インスタント食品やファストフードばかりを食べていると、ビタミンやミネラル、亜鉛などが不足しがちです。
食事から摂取することが好ましいですが、それが無理な場合には必要に応じてサプリメントを使用しても良いかもしれません。
すぐに効果があらわれるというわけではありませんので、継続するということが大切です。

頭皮環境が悪化していると、髪の毛の成長が阻害される可能性があります。
その為、頭皮が硬くなっているような場合には、マッサージを行うなどして髪の毛の必要な栄養をしっかりと届けることが出来るようにしましょう。
頭皮の状態を改善するための方法としては、正しい方法で洗髪を行うとともに、シャンプーの際など、血行が良くなっている時にマッサージを行うなどの方法があります。