AGA治療薬の代表的なものと言えばプロペシアです。プロペシアは長期的な服用が前提のため、どうしても薬代が高くついてしまいます。しかし個人輸入の形をとり、通販をすることで病院処方と比較して安く入手することが可能となっています。

  • ホーム
  • 頭皮にカビ?!真菌が原因のハゲにはケトコナゾール

頭皮にカビ?!真菌が原因のハゲにはケトコナゾール

頭皮がカビに冒されて、脱毛がおこってしまう場合があるのです。
カビによって発症する脂漏性皮膚炎は、頭皮が炎症をおこす非常に多い病気です。
炎症をおこすことで地肌がかゆくなり、頭皮が荒れて細かく剥がれ、大量の大きなフケが出ます。
進行するとAGA(男性型脱毛症)、ハゲを併発してしまう場合があるのです。

初期は毛穴に詰まった皮脂が酸化するような嫌な匂いが気になり、進行すると炎症がおこりかゆみなどの症状があらわれ、さらに進行すると赤いプツプツの頭皮の湿疹、かゆみも悪化します。
頭皮にかさぶた状のものが目立ち、痛みが出る場合もあるのです。
さらに症状が進むと抜け毛がおこり、ハゲてしまう場合があるのです。

ハゲにも繋がってしまう脂漏性皮膚炎の原因は、皮脂を養分として繁殖するカビなのです。
頭皮に皮脂が過剰に分泌されることで皮脂を養分とする真菌、マラセチア菌が異常繁殖してしまうのです。
真菌はカビの仲間の総称です。カビでハゲてしまうなんてという感想を持たれるかもしれませんが、カビが原因の病気は多いのです。
皮膚の疾患である水虫も真菌(カビ)によるものなのです。

脂漏性皮膚炎の原因となる頭皮の皮脂の分泌は、男性ホルモンが促進することから、男性に多いとされるのです。
ハゲは遺伝的な要因が大きいため、脂漏性皮膚炎が直接ハゲの原因になることはないと考えられていますが、併発することはありえるのです。

脂漏性皮膚炎とハゲを併発して毛が薄くなったからと育毛剤を使うと、脂漏性皮膚炎を悪化させてしまうのです。
頭皮が炎症を起こし、敏感になっている状態で育毛剤で刺激を与えると、脱毛を助長してしまう可能性があるのです。
まず脂漏性皮膚炎を引き起こしている、マラセチア菌を抑える必要があるのです。

脂漏性皮膚炎に効果的なのが、ケトコナゾールです。ケトコナゾールは、マラセチア菌に対する高い抗菌作用をもつのです。
また髪の育毛サイクルを正常化し、発毛を促すことで皮脂やフケを減らす効果も期待できるとされているのです。

髪はしっかり乾燥させてから就寝する

脂漏性皮膚炎には、ケトコナゾールを含むシャンプーが効果的とされています。
ケトコナゾールは、頭皮と毛包、胞子に働きかけ、マラセチア菌による炎症を抑えることでフケを防止し、頭皮を清潔に保つのです。
また、アンドロゲン受容体をブロックする働きもあるとされているのです。
またケトコナゾールは、マラセチア菌の働きを抑え脂漏性皮膚炎を改善するだけでなく、AGA(男性型脱毛症)の原因となる、ジヒドロテストステロン(DHT)の発生を抑える効果もあるとされているのです。
ハゲに悩んでいる方であれば、嬉しいという感想を持たれる効果でしょう。

脂漏性皮膚炎は、ケトコナゾールを含むシャンプーでのケアとともに、就寝時にも注意が必要です。
濡れたまま乾燥していない髪で就寝してしまうと、濡れた髪の水分が枕で蒸れて、頭皮に菌が繁殖しやすい状態になってしまうのです。
頭皮で繁殖するマラセチア菌は、一般的なカビと同じように高温多湿の環境を好むのです。
風呂場でカビが繁殖するように、皮脂という養分があり頭皮が蒸れた状態は、菌にとっては最高の環境なのです。

汗をかいたり、風呂上がりには頭皮と髪をしっかり乾燥させないと、頭皮は菌が繁殖しやすい不潔な状態になってしまうのです。
お風呂でシャンプーした後は、頭皮と髪をドライヤーで乾燥させることで清潔に保つ必要があるのです。
男性は、髪の毛が短いからとドライヤーできちんと乾かさない方がみられますが、脂漏性皮膚炎は頭皮を清潔にすることが重要なのです。
就寝の前で、面倒だからと中途半端な生乾きの状態にせず、きちんと乾燥させましょう。

シャンプーと自己ケアでも症状が改善せず、炎症が治まらずに悪化するようであれば、専門の医療機関を受診して適切な治療を受けましょう。