AGA治療薬の代表的なものと言えばプロペシアです。プロペシアは長期的な服用が前提のため、どうしても薬代が高くついてしまいます。しかし個人輸入の形をとり、通販をすることで病院処方と比較して安く入手することが可能となっています。

  • ホーム
  • AGAに効果がある食べ物、逆効果の食べ物

AGAに効果がある食べ物、逆効果の食べ物

AGAで悩む人は、ついつい育毛剤に気が向きすぎてしまうのではないでしょうか。
しかし、それだけではなく髪と密接に関わっている普段の食生活にも目を向ける必要があるのです。
では、どのような食べ物がAGAに効果的なのでしょうか。

1つは植物性タンパク質である大豆が挙げられます。髪はタンパク質からできています。
そのため、髪を作るために必要不可欠な栄養素であると言えるのです。
また、大豆にはイソフラボンという物質が含まれています。
AGAの原因は男性ホルモンによるものなのですが、イソフラボンは男性ホルモンを抑制する働きがあるのです。
大豆製品の種類は多いので、豆腐、味噌、納豆など、様々な形で積極的に摂るようにしましょう。

また、ナッツ類もAGAに効果的な食べ物の1つです。
しかしナッツの種類によって含まれている栄養素も異なります。
そのためミックスナッツなど、より多くの種類を摂取するのがいいでしょう。
例えばアーモンドはどうでしょうか。含まれているタンパク質によって、髪の成長を促進することができます。

また、不足するとAGAの原因になりやすい亜鉛も多く含んでいるのです。
おつまみの定番でもあるピーナッツもおすすめです。
ピーナッツには髪の成長を促す細胞である毛母細胞を活性化させる働きがあります。
毛母細胞は、細胞分裂を繰り返すことで髪を増やしています。そのため毛母細胞の活性化は発毛に欠かせません。

他にもわかめなどの海藻類も効果的です。
なぜなら海藻類にはミネラルが豊富に含まれているからです。
タンパク質に加え、ミネラルも髪を作るために重要な栄養素の1つになります。

このようにAGAに効果的な食べ物はたくさんありますが、食べると逆効果になってしまうものはあるのでしょうか。
1つは糖分が多く含まれているものです。糖分を摂取すると、消化するためにビタミンBや亜鉛が消費されます。
しかしビタミンBや亜鉛は髪に欠かせない栄養素です。
その結果、頭皮の環境を悪くしたり、髪の発育が上手くいかなかったりする原因となってしまいます。
ケチャップやジュース、また魚肉ソーセージなどは控えるようにしましょう。

タンパク質とアミノ酸がAGAに効果がある詳しい理由

以上のことから、食べ物には効果的なものと逆効果になってしまうものがあることがわかりました。
効果的な食べ物にはタンパク質やアミノ酸が多く含まれていることは上記の通りです。
では、これらの栄養素がAGAに必要な理由はどのようなものでしょうか。

発毛に有効な成分には様々なものがありますが、自然の成分であるのがアミノ酸です。
アミノ酸は体を構成するために欠かせない栄養素ですが、髪を構成しているのはケラチンタンパク質というものです。
このケラチンタンパク質は、18種類のアミノ酸が、決められた順番に結合することで成り立っています。
その中に、チロシン、シスチン、というアミノ酸があります。
この2種類は髪に特に重要でヘアカラーやパーマにも関わりのあるものなのです。
ケラチンタンパク質の中でシスチンは最も多く含まれています。シスチンが多ければ多いほど髪は太く丈夫に作られるのです。

もう1つ、チロシンというアミノ酸がありましたが、こちらは髪の色と深く関わっています。
髪の色はメラニンという色素によって黒くなります。
このメラニンはチロシンによって作られるので、チロシンが多いほど髪は黒くなるのです。
このことから強く丈夫で艶のある髪が生み出されるには、ケラチンタンパク質とそれを構成しているアミノ酸が重要だということがわかるでしょう。

タンパク質とアミノ酸がAGAに効果的な理由はちゃんとあったのです。
アミノ酸を摂取するには、やはり先ほど記載したような食べ物を積極的に摂取するのが良いでしょう。
特に植物性タンパク質にはアミノ酸が豊富に含まれています。
大豆ばかり食べられない、という人は、朝ごはんに味噌汁を飲む習慣をつけるのはいかがでしょうか。味噌汁なら飽きがこず、美味しくいただけるはずです。