AGA治療薬の代表的なものと言えばプロペシアです。プロペシアは長期的な服用が前提のため、どうしても薬代が高くついてしまいます。しかし個人輸入の形をとり、通販をすることで病院処方と比較して安く入手することが可能となっています。

  • ホーム
  • AGA治療って保険適用?ハゲは見た目の問題か

AGA治療って保険適用?ハゲは見た目の問題か

ある程度の年代になってくると、男性を中心としてハゲで悩む人が増えます。
ハゲは見た目の問題に含まれますが、やはり髪の毛が減っていくことは精神的な面でショックを受ける人がほとんどです。
できることであればハゲの問題を解決する方法を考えることが大切で、最近ではTVのCMなどで流れいるように専門的な治療を受けて問題を改善することも可能です。

ハゲと一言であっても種類は豊富ですし、症状に応じて原因は変わってきます。
ハゲの種類の中で一番多いと考えられているものはAGAと呼ばれる男性型脱毛症です。
名称通りに男性が発症するハゲの要因の1つで、男性ホルモンによって引き起こされる薄毛の一種となります。

ハゲの原因がAGAのときには、専門のクリニックが全国各地に開設されていますので、様々な診療が受けられます。
全国にあるAGAクリニックは医療機関ですので、健康保険が適用されるものと感じる人もいるかもしれませんが、実際には保険は適用されません。
そのために前もって、自分が抱えている薄毛の問題を治療するには、どの程度の費用がかかるのか把握しておく必要があります。
健康保険が適用されるかどうかは厚生労働省の解釈によって決まりますが、ハゲの場合には見た目の問題であって、通常の病気やケガではないという解釈がされています。
従って、AGAクリニックで専門医の診察を受けるときには、自由診療に該当しますので、全額自己負担になる点を知っておくことが重要です。
治療方法によっては高額な費用がかかる施術もあるために、事前に行われるカウンセリングで十分に費用について質問することをおすすめします。

また、様々なクリニックではホームページ上に目安となる金額が掲載されていますので、自己負担で費用を支払うときにどのぐらいの出費が必要なのか、あらかじめ調べておくことが可能です。
費用のことは重要な問題ですが、自分自身が本当にAGAかどうかを調べることや、自分の症状に適した治療が受けられるのかについてもカウンセリングで、担当の専門医と話し合うことが大切です。

クリニックでのAGA治療で本当に髪の毛が生えるか

ハゲの要因がAGAのときには、すでになぜ髪の毛が減っていくのかについてのメカニズムが解明されています。
アメリカの大学や医療機関の研究によって、AGAのときには男性ホルモンの一種と毛根に存在している還元酵素が結合することで、DHTという物質が発生してヘアサイクルを乱すことで髪の毛が減ります。
従って、DHTが増えないように対応できれば、AGAによって起きる薄毛の問題を改善できます。

AGA治療を行っているクリニックでは、髪の毛が伸びるサイクルを乱す原因のDHTが作られることを妨げる成分を配合した治療薬を処方してもらえます。
クリニックでの初期段階での主な治療方法は、薬を飲む方法です。
AGAの要因となるDHTの生成を抑制できるフィナステリドを含んでいる錠剤タイプの薬が存在しており、厚生労働省の承認を受けているものですので、確かな効果があることが認められています。

治療薬は1日に1錠ずつ水と一緒に飲む薬で、有効成分の効能によって抜け毛が増える男性ホルモンの量を減らすことで、通常のヘアサイクルに戻すことが可能となるために、薄毛を食い止めることができます。
ヘアサイクルを元通りにするにはある程度の期間が必要となるために、最低でも半年以上にわたって薬を飲むことになります。
1か月ごとにクリニックで治療薬の処方を受けたとしても、長い期間薬を飲むことになるので、一定の費用を支払うことをあらかじめ理解しておく必要があります。

飲み薬だけではなく、厚生労働省の認可を受けている成分を配合した育毛剤を併用して薄毛を改善することも可能です。
クリニックによっては飲み薬と同様に育毛剤の処方を行って、同時に使用することで改善効果を高めている治療を取り入れているところもあります。
薬の処方以外の方法を採用しているクリニックも多数存在しており、直接頭皮に有効成分を注射する施術もあります。