AGA治療薬の代表的なものと言えばプロペシアです。プロペシアは長期的な服用が前提のため、どうしても薬代が高くついてしまいます。しかし個人輸入の形をとり、通販をすることで病院処方と比較して安く入手することが可能となっています。

  • ホーム
  • AGA治療薬はたくさん飲めばたくさん効果が出る?

AGA治療薬はたくさん飲めばたくさん効果が出る?

薄毛に悩む男性にとって、AGA治療薬はぜひ使ってみたいと感じるものでしょう。
薬はたくさん飲めば飲むほど効果があると思っている男性もいますが、過剰な服用は避けなければいけません。

なぜなら、AGA治療薬に限らず、どのような薬でも副作用というものが存在します。
AGAの場合、副作用で体毛が濃くなることがあります。
髪の毛の毛乳頭に栄養を与えて発毛させるというのが本来の効果ですが、服用することで体中に成分が周り、体毛が濃くなってしまうというのがその理由です。

また、AGA治療薬の中には、複写王として性欲の減退や勃起不全になるものもあります。
男性として困ってしまう症状ですが、薄毛に関わる男性ホルモンの因子を抑制することが、性欲の減退にもつながってしまうということです。
その他にも、頭痛やめまいといった副作用が出ることがあります。

病院では、患者さんが来院してから血液検査などで正確な状態を確認します。
AGA治療薬にはいくつかの種類があり、症状と身体にあったものを選ぶ必要があるためです。
医師は患者さんの症状に合わせて薬を選びますが、体質によっては合わないこともあります。
自分の体に合わないと感じた場合は、次回の来院の際にその旨を伝えましょう。

このように、AGA治療薬は薄毛の進行を止めたり、発毛を促進するというような本来の効果の他に副作用があります。
過剰に飲んでしまうと、副作用も強く出てしまうので、決められた量だけを服用するようにしましょう。
たくさん飲めばその分たくさんの髪の毛が生えてくるというものでもありません。

薬の成分は血液中の濃度などが一定になるように作られています。
同窓会までに髪の毛を増やしたいからと、一時的に大量に飲んでもすぐに髪の毛が増えるというわけでもありません。
服用する際は医師からの注意事項を守り、安全に飲むことが大切になります。
継続的に飲む薬の場合は、1日のうちで決まった時間に飲むようにしましょう。

AGA治療薬の飲み過ぎでの死亡や薬物依存の可能性

AGA治療薬を手にすると、多くの男性は悩みやコンプレックスを解消できると喜びます。
しかし、飲んだからといってすぐに髪の毛が生えてくるわけではありません。
髪の毛は、生え始めてから成長し、自然に抜け落ちるというサイクルを繰り返しているからです。
そのため、服用してから効果を感じるまでには早くで3ヶ月、平均で半年ほどの期間が必要になります。

この期間は薬を飲んでいるのに、髪の毛が増えないというジレンマを感じる時期でもあります。
早く効果を実感したいばかりに、必要以上の量を飲んでしまうこともあります。
飲み過ぎると、副作用が強くあらわれますがそれ以上の効果が出てしまうこともあります。

まず疑われる可能性があるのが、薬物依存の可能性です。
AGAの治療薬には依存性を持つものはありませんが、服用することでAGAから逃れることができるという精神的な薬物依存が起こることがあります。
服用しなければいけないと思い込み、中には通常よりも多くの量を飲んでしまうこともあります。

また、中には飲み過ぎることで死亡したという例を聞いたことがあるかもしれません。
AGA治療を行っている人は、元々他の病気を持っていることが多いです。
そのため、AGA治療だけでなく、他の疾患のために薬を飲んでいるケースもあり、一概に死亡するとは言えない状態です。

AGA治療薬を飲んでいる人が心筋梗塞などの心疾患を発症するケースはありますが、どこまで関係があるかというのはとても難しい問題です。
日本では注意するようにという指導が出ている状態で、直接AGA治療薬が原因で死亡したというケースは認められていません。
死亡例がないからといって、過剰な服用は身体に負担がかかるので絶対に行わないようにしましょう。